タウンワークの求人に採用されるには履歴書の内容がカギとなる

仕事がしやすい企業に就職しよう

タウンワークなどで求人を探していると、一番気がかりなのは応募先の企業が自分に合っているのかどうか、という人も多いでしょう。関西エリアの求人を探す予定の方も事前に下調べを行って下さい。そうすることで、就職活動に失敗することはないでしょう。

ブラック企業とホワイト企業の違い

ブラック企業

一番の特徴は、サービス残業があったり、休暇が取れなかったりすることです。また、離職率が非常に高いこともあげられるでしょう。しかし、周りの人やネットの口コミが「あの企業はブラック企業だ」と言っていても、自身にとってブラック企業であるとは限りません。噂を鵜呑みにしすぎないように気をつけましょう。

ホワイト企業

離職率は低い傾向にあります。また、会社全体で残業を極力無くそうと努力しています。たとえ残業があったとしても、残業した分の手当はきちんと支給されます。もし、有給が余っていたら消化するよう言われるのも大きな特徴です。企業の中には有給を買取ってくれるところもあります。

タウンワークの求人に採用されるには履歴書の内容がカギとなる

男女

学歴や職歴は詳細に書こう

求人応募をするときは、履歴書を書くのが一般的です。学歴や職歴を書く際は、学校や会社の名前は略さずに正式名称で記載するようにしましょう。また、タウンワークの求人に記載されている仕事内容と関連した業務を行った経験があれば、詳しく記載するといいです。面接官へアピールできます。

免許や資格は関連するものをアピールしよう

免許や資格はたくさん記載すればよいわけではありません。応募する求人内容に関連しない資格が列挙されていてもアピールにはならないのです。たくさん資格を所持しているのであれば、応募する求人内容に関連するものだけ記載するとよいでしょう。

志望動機はしっかり

一番重要な項目です。この項目で「なぜこの会社を選んだのか」などを採用側はチェックします。曖昧な理由だと書類審査で落とされる可能性が高いですし、書類審査が通ったとしても面接時に面接官から細かく突っ込まれる可能性があります。自己分析と企業分析をよくしたうえで具体的な志望動機を記載しましょう。

本人希望欄も記入しよう

趣味や特技などの記入欄は「応募者がどのような人物なのか」を採用側が見ています。空欄にしたりせずに必ず記入するようにしましょう。応募している企業が2つ以上の職種を募集している場合、希望する職種を記載しましょう。

履歴書は丁寧に

せっかく良い内容を記載していたとしても、記載されてる文字が読みづらいと、採用側へ誤った認識を与える可能性があります。手書きの場合は、読みづらくないか他の人へチェックしてもらうとよいでしょう。

広告募集中